マングロー

シンガポールビエナーレ2013に出展したインスタレーションの作品です。地面に立っている胴体は、木の板を複数重ね合わせて作りました。胴体の上には、ビニールで作られた5本の枝が伸びているストライプ模様の風船です。木の胴体の中には、この風船を膨らませるためのエアーブロワーが設置されています。ある特定の時間間隔で、このエアーブロワーが空気を風船に送り込むように設定されていることによって、風船が微妙に動くようにしました。生き物のように、静かに呼吸しているように作りました。

作品全体のかたちは、シンガポールのような熱帯地の沿岸によく見かけるマングローブ林からの発想で作りました。「成長」と「持続性」について表現しようとしています。

  • 年: 2013
  • 展示場 シンガポール美術館所属のスペース 8Q、シンガポール
Use the mousewheel to zoom on a focal point

関連作品